インタビュー

INTERVIEW
  1. HOME
  2. 社員紹介
  3. 西浦 英伸
INTERVIEW
福島エリア 会津若松店 2020年4月入社

西浦 英伸

HIDENOBU NISHIURA

体育大学を卒業後、マックスガイに入社しました。趣味はスポーツと映画鑑賞です。入社後は、骨董チームで4ヶ月間、着物チームで半年間の研修期間を経て、現在は福島エリアに所属変更となり、店頭買取・出張買取を担当しています。

(2021年5月現在)

どんな学生時代でしたか?

学生時代はサッカーをやっており、プロのサッカー選手を目指して日々練習に取り組んでいました。休日は、友人と買い物に行ったり、映画鑑賞をしたりして過ごしました。

マックスガイへの入社を決めた理由は?

マックスガイへの入社を希望した大きな理由は、もともと「買取」の仕事に興味を持っていたからです。説明会に参加した際、お客さまとの信頼関係を大切に、ひとり一人に丁寧に寄り添い、接客する企業姿勢に共感しました。未経験からでも安心して学べる充実した研修制度があるという点にも魅力を感じました。

入社後、自分が変わったと思うことはありますか?

入社して変わったことは、様々な年代のお客さまとお話しする機会が増えたことで、コミュニケーション能力が向上したと感じます。学生時代は、人と話すことが得意ではなかったのですが、多くのお客さまとお話ししていく中で、その楽しさを知ることができました。

今後チャレンジしていきたいことは?

商品知識や査定時の所作などをしっかり身につけて、どんな商材でも自信をもって査定できるようになりたいと考えています。また、ザ・ゴールドのモットーである「親切・丁寧・明確(わかりやすい)」を大切に、お客さまから信頼される査定士になりたいと思っています。