インタビュー

INTERVIEW
  1. HOME
  2. 社員紹介
  3. 秋山 睦
INTERVIEW
外商買取チーム 2021年3月入社

秋山 睦

AKIYAMA MUTSUMI

出身地の福岡県福岡市で6年間パティシエとして菓子製造業で働き、その後一般企業の事務職として働いておりました。趣味は映画鑑賞やケーキ屋巡り、着物で外出すること。祖母の影響で、着物に興味を持ち始めました。買取業界は未経験でしたが、もともと興味のあった「着物」や「接客」について深く関わることができる今の仕事に、とてもやりがいを感じています。

(2021年11月現在)

面接時の雰囲気が終始和やかで、未経験でも頑張れる気がしました。

転職活動を行う中で、複数の会社の面接を受けましたが、マックスガイほど終始和やかな雰囲気で面接が進む会社がなかったため、「この会社なら未経験の私でも一から頑張れるかもしれない」と感じました。また、役員の方と私たち社員の距離が近く、自由な社風に魅力を感じたこととも入社を決めるきっかけとなりました。
入社後は、各ジャンルの商品名・商品知識・相場など、覚えることがたくさんありますが、学ぶことすべてが新鮮で、日常生活でも役立つスキルが身に付いていると感じます。

お客さま宅での査定で印象深い出来事がありました。

先輩査定士に同行して、現場の接客応対や査定スキルを学ぶ「同行研修」の中で印象的な出来事がありました。
当社では、「親切・丁寧・明快(わかりやすい)」査定を社員一同心がけているのですが、着物の査定依頼でお伺いした女性のお客さまが当社の接客姿勢を気に入ってくださり、追加で様々なお品物を査定させていただくことになりました。その結果、予定よりも長くお時間を頂戴することになったのですが、帰り際に、お客さまが「丁寧に対応してくれて嬉しい」と涙を流しながら、喜んでくださいました。
この時、私も先輩査定士のように、接客応対やお品物を扱う所作などを通して、お客さまに心から喜んでいただける買取りができる査定士になりたいと心から思いました。